高級感はあるが、女の子の服も普段着っぽく、ねだらない。

最近の六本木のキャバクラはまるでキャバクラじゃないみたい?

席にも余裕があり、とても高級感がある。女のコはキャミソール系がほとんどで、普段着っぽいのだ。飲み物も最初からお客にねだることはなく、とても清々しい。ほかにも、食事が結構うまくて、女のコにも賄いがあったり、帰り際にハワイ旅行やーか月半額券が当たるクジをくれたりする。ちなみに私は、2回もーか月半額券が当たり、飲みまくった。最近の六本木は、キャバクラと呼ぶにはノリが違うけど、ほかに適当な呼び方がないし、とりあえず時間制だから、キャバクラと呼んでおく店が多い。

それだけキャバクラという言葉にインパクトがあり、ほかの形態をのみ込んで、成長してきたのである。キャバクラの名前は古いが、内容は凄く変わってきている。大金をかけて求人広告を出しても可愛い女のコは集まらないキャバクラの最大の商品といえば、それは女のコ、キャバ嬢である。ちなみに最近はホステスとは言わなくなっているので注意のほどを。

キャバクラの基本は、女のコがテーブルについて接客してくれるだけで、会話をしたりお酒をついでくれる以外のサービスはない。ゆえに女のコの質がその店の最大の武器となるのは言うまでもない。同じお金を払うなら、誰だってキレイで可愛い女のコと一緒に飲みたいと思うのは当たり前である。では、どうやって女のコを集めているのか。大きくわけてふたつの方法がある。ひとつは求人雑誌による広告。そしてもうひとつは専門のスタッフを雇ってのスカウトである。どのキャバクラも女のコ集めを「開発室」のようなセクションで行っており、そこでは毎月辞めていく女のコの補充に忙しい。
高級なセレブ女性も試せる堺のセレブ系風俗はかなりおすすめです。普段の生活では、すれ違いもしなさそうな女性が、男を快楽へと導いてくれます。一度やったら病み付きかもです。
各種割引がある行きやすいデリヘルは名古屋が多いので、女の子を呼ぶ前にオフィシャルサイト等で、女の子をチェックするのは勿論、割引やサービス等もチェックするとお得に遊ぶ事が出来るでしょう。
超激安店なのに、通常はオプションであるはずのデンマやバイブ、ピンクローターが無料で使い放題の自由な西川口にある風俗もあります。オプションは高いので手が出せなかったというような男性や責め好きの男性にはぴったりのお店ですね。


まず必要なのは物件、店舗である。例えば六本木の交差点からワンブロック離れた場所に、25坪の店を持とうとする。席数にして40席、六本木では中規模の店である。現在の相場でいうと家賃は月70万円ぐらいだ。もちろん交差点近辺は同じ広さで家賃は倍にハネ上がる。手頃な物件を見つけたら今度は保証金が必要になる。

これも下がったとはいえ10倍の700万~800万円ぐらいが相場。一気に払えない場合は、200万円ほど頭金を払ってどこかでローンを組むしかない。店の内装代が低く見積もっても1000万円弱。ビラからコスチュームからお酒の仕入れから、もろもろの出費がかさむから最低でも2000万円のキャッシュが必要になってくる。これはあくまで最低線の話だ。六本木の一流店だと、店の保証金だけで数千万円、内装も億単位というから、お金をかけたらキリがない。

新着記事
2013/05/08 おすすめ記事を更新しました。
2013/05/04 新着記事を更新しました。
2013/05/03 男の究極の職業を更新しました。
2013/04/30 知り合ったキャバ嬢を更新しました。
2013/04/28 キャバクラの経営を更新しました。
2013/04/26 専門のスカウトマンを更新しました。
2013/04/25 最近の六本木のキャバクラはまるでキャバクラじゃないみたい?を更新しました。
2013/04/22 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
キャバクラ情報局キャバクラナビクラブアフター
超便利なキャバクラ検索サイト。有用なキャバクラ情報も満載。まさにキャバクラサイトの決定版。キャバクラ&セクキャバ&ガールズバーとキャバ嬢ブログ首都圏のキャバクラ・セクキャバ等の最新情報。